万病のもと、悪玉活性酸素ですが、実際にどんな病気になるのか、リストアップしてみます。

ただし、ここに上がられる疾患は、ほんの一部であって主なものであることに注意してください。
これ以上にたくさんの病気が、活性酸素を元にして起こっているということです。

病気の種類

悪玉活性酸素が原因の病気

循環器系

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 再灌流障害

脳神経

  • 認知症
  • パーキンソン病
  • 脳浮腫
  • 外傷性てんかん

呼吸器

  • 慢性閉塞性肺疾患(煙草病)
  • 喘息
  • 肺気腫
  • 呼吸窮迫

内分泌代謝

  • 糖尿病
  • 肥満
  • メタボリックシンドローム

皮膚

  • アトピー性皮膚炎
  • 火傷
  • 日光皮膚炎
  • しみ
  • しわ

腫瘍

  • がんの発生
  • がんの転移
  • がん化学療法の副作用
  • がん放射線療法の副作用

眼科

  • 白内障
  • 未熟児網膜症

消火器

  • 肝炎
  • 膵炎(すいえん)
  • 胃潰瘍
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

血液系

  • 異常ヘモグロビン症
  • 薬物性貧血
  • 播種性血管内凝固

泌尿器

  • 糸球体腎炎
  • 薬物性腎障害

その他

  • 自己免疫疾患
  • 膠原病
  • リウマチ
  • アレルギー
  • 花粉症
  • 痛風
  • 歯周病

病気に与える水素の効果

水素は活性酸素のうち、善玉には作用せず、悪玉活性酸素にのみ作用します。
細胞障害性が高い悪玉活性酸素だけを狙って除去してくれるのですね。

人間の体にとって必要な善玉活性酸素には反応しないのです。

水素は悪いやつはやっつけるけど、良いやつはやっつけないという、スーパーヒーローなんです。
私達人間からしたら、とっても都合の良い仕事をしてくれるんです。

悪玉活性酸素が原因である病気を患っている人に対して、水素を用いることにより、改善される可能性があるということなんです。

 

これぞ水素水の極み!