常温通常気圧での水素の限界飽和量は約1.6ppm

ですが、「aquela」の水素水は、それを大きく超える、7.0ppmという高濃度
ここまで濃い水素水だと、高濃度ではなく、超高濃度です。

水素水は濃度で比較しよう

ミネラルウォーターの場合、比較するものはたくさんありますよね。
どんなミネラルが入っているのか、軟水なのか硬水なのか。
効果によっていろんな見方が出来ますし、どれを買えば良いのかわからず・・・
結局どれも同じだろ!って短絡的に考えてしまう方もいらっしゃると思います。

私も難しくて、おいしいのが良いかなって思ってしまったり・・・(;^ω^)

それでは、水素水はどうでしょうか?
巷には多くの水素水が出回っています。
どうやって選ぶのが一番良いのでしょうか?
ここでは、効果のことだけを考えてお話しします。

水素水を飲みたいということは、水素の効果を得たいということですよね?
それであれば、とっても簡単。
水素水で効果を確認したい場合は見るところは一か所だけ。

水素水の効果は溶存水素濃度!

この1点だけです。

水素には良い水素や悪い水素はない

水素水の中に入っている水素には種類がありません。
入っている水素は、この気体中に存在するH2です。
その水素に種類もなければ、良い水素や悪い水素もないのです。

あるのは、H2だけです。

ということは、何で比較すればよいかというと、水の中に含まれている水素量だけなんですね。
当然のことですが、水素量は少ないよりも多い方が良いです。
そして、水素はどれだけたくさん体内に取り入れても害にはなりません。
たくさん入れた場合、呼吸として外部に排出されるだけですから・・・

効果を得るために必要な水素濃度

それでは、どれだけの濃度の水素水を飲むのが効果的かと言いますと、1.0ppm以上の溶存水素濃度があると良いとされています。
このアキュエラの水素水7.0ppmは、作ったばかりで5.0ppmあります。
そして、冷蔵庫で24時間寝かせれば次の日には7.0ppmになります。
十分すぎる程の濃度ですよね?

また、水素って抜けやすいです。
密閉された容器であっても、水素は抜けていってしまいます。
出来上がっている水素水を飲むよりも自分でその場で作った水素水を飲む方が抜ける前に飲めますからそれも安心です。

高濃度である点を考えると、アキュエラの水素水が一番良いです。
ですが、高濃度であるがゆえに、他の安い水素水と比べると高くつくかも知れません。
それでも効果のことを考えると、月に6,000円ですので、相場よりかは安いですね。

それに、1ppm当たりのコストを考えると、断然アキュエラは安いです。
1.0ppmもない水素水に200円(200円で買える水素水も少ないでsが・・・)払うのか、7.0ppmの水素水に200円払うのか。
7倍の濃度がありますからね。

コストも大切ですが、高濃度であることを考えると、やっぱりアキュエラでしょうね。

>>水素水7.0の詳細はこちら<<

これぞ水素水の極み!