ミトコンドリアは聞いたことあるでしょうか?

子供のころに、理科でならったことがあるようなないような・・・

水素水の勉強をしていて、ミトコンドリアが出てくるとは思いませんでした。

まずは、ミトコンドリアについて、簡単に説明しておきます。

ミトコンドリアは、私達の細胞の中にある一つの小器官で、細胞全体の10%~20%を占めています。

細胞によっては、100個から3,000個も含まれているものもあり、様々な役割があります。

ミトコンドリアの一番重要な働きはエネルギーを作ること。

細胞
(ミトコンドリアが書けなくて・・・細胞のイメージです。)

私達は日々体を動かします。当然、無意識ですが臓器も動かさないといけませんし、考えたり、身体に熱を発生させたり、たくさんのエネルギーが必要です。

そのエネルギーを作り出しているのが、ミトコンドリアなんですね。

そして、そのミトコンドリアが効率よくエネルギーを作り出す為に必要なものが酸素なんです。エネルギーを作りだす為に、呼吸をしているということですね。

私たちが、呼吸をして酸素を取り込んでいるのは、ミトコンドリアにエネルギーを作ってもらう為なんですねぇ。

ですが、呼吸により取り込んだ酸素のうち、約2%が活性酸素になってしまうそうです。エネルギーを作る過程でどうしても体に有害な活性酸素になってしまうのですね。

それでは、活性酸素とミトコンドリアについて、おさらいです。

  1. 人間の体は、動かしていく為にエネルギーが必要です。

  2. エネルギーは、ミトコンドリアが作りだします。

  3. ミトコンドリアがエネルギーを作るには酸素を必要とします。

  4. 酸素を取り込むと、2%程度は活性酸素が出来てしまいます。

という流れです。

ミトコンドリアがエネルギーを作りだすときに酸素以外のものを使うことを選択していれば、活性酸素は発生しなかったのかも知れませんね。

遠い昔、太古の時代に遡ってやり直しますか(笑)

 

これぞ水素水の極み!