いつも手元に水素水!

携帯型の水素水生成器は、持ち運びが簡単に出来るのが良いですよね。
普段ペットボトルを持ち運ぶように、それくらいの大きさと重さ、手軽さがないと困ります。
そして、当然のことですが、水素水ですから、水素水がしっかり作れないといけませんよね。

それらをすべて満たしているのが、携帯水素水ボトル「ポケット」です。

水素水ボトルポケット

ポケットの大きさは、このお姉さんが持っているサイズ。
ペットボトルサイズですよね。
持ち運ぶのは、これだけでOKなんです。

充電式になっていて、自分で勝手に電気分解してくれます。
そして、1回の充電で40回~50回使えるので、出掛ける前に充電すればそれだけで1日持ちます。

溶存水素濃度も10分で400ppb、40分で750ppbまで上がります。
移動中にスイッチを押しておけば、知らない間に水素水が出来ているってことです。

また、コスパも最高です。
なぜかというと、消耗品はバッテリーだけだから。
ということは、この水素水サーバーは飲み放題になるということなんです。
バッテリーも3年に一度の交換でOK!
1日50円で水素水が飲める計算になるんですよ。

コスパも最高、持ち運びも便利!

ジム通いの方、外でスポーツをするアスリート、いつでもどこでも水素水を飲みたい。
そんなこんなで、アスリートや芸能人も多数使っています。

コスパは最高だろうけど、最初が高くない?って思いますよね。
確かに少々します。
1台50,000円(税抜)です。

この価格ですが、他の水素水生成器と比べると格安です。
5万円だけ見たら、PS4よりも高いじゃん!って思うかも知れませんが(笑)
また、アルミパウチの水素水を買ってきて飲んでいたら、3年間で5万円では足りませんね。
20万位かかるんじゃないでしょうか?

先程計算したように、3年間使った場合ですと、1日50円です。
3年後にバッテリー交換したら、1日10円程度になりますね。

溶存水素濃度が1.0ppmに満たないので、ガウラとかの高濃度水素水に比べると劣りますけど、それは携帯性が抜群というメリットで十分カバーしきれています。
外で飲みたい、いつでも水素水を飲んでいたい、そういう方にはおすすめです。

>>ポケットの詳細はこちら<<

これぞ水素水の極み!