先日、ネットニュースで、「水素水7.0」の販売をサポートしている会長さんの記事が載っていました。

趣味のマリンスポーツをやっている最中に海で突然倒れ、心肺停止が40分近く続いたのにも関わらず奇跡の生還。
原因は、3本ある冠動脈のうちの2本が完全に詰まっていたとのこと。
残り1本も75%は詰まっていたそうです。

マリンスポーツ

奇跡の生還をした後も、多忙な生活からくる不摂生がたたり、1年半後に再び心筋梗塞。
そこでもまた奇跡の生還を遂げたものの、1日60回の不整脈という後遺症は残ってしまったそうです。

そんな時に出会ったのが、この「水素水7.0」という水素水。
1日500ccを2本毎日飲まれたそうです。
その後の定期検診では、心臓の不整脈が治っていたそうです。
ここでは、何日間飲んでというのは載っていませんでしたが、何年も飲んだ感じではなさそうです。

血管の病についても、水素は効果があるということです。

水素は、この世で一番小さな分子です。
人間の体が酸素の力によって痛んでいく(悪玉活性酸素による血管の劣化)という避けられない問題に対しても効果を発揮してくれるのが水素なんですね。

その水素をなんとか取り入れたい、そして出来れば多くの水素を取り込みたい。
その思いで、この「水素水7.0」の販売をサポートされているそうです。

>>水素水7.0の詳細はこちら<<

これぞ水素水の極み!