水素水は悪玉活性酸素を除去してくれます。
悪玉活性酸素だけに作用して、善玉は残して悪玉を撃退してくれます。

wan

ですが、水素水の水素は、悪玉活性酸素を除去してくれるだけではなく、悪玉活性酸素ができにくい体質にする作用もあるということがわかっています。
悪玉活性酸素が出来にくい体質にするには、水素が遺伝子のスイッチを調整します。
その調整は、ON/OFFのようなものではなく、LED証明の調整をするようにアナログ的なものです。

水素水を飲むとこの遺伝子のスイッチが働きだし、1日位持続するそうです。
そして、この遺伝子をスイッチに作用するには、出来るだけ多くの水素水を飲む方が良いとされています。
一度に大量の水素水を飲めば遺伝子に作用し、1日程度悪玉活性酸素が出来にくい体質に改善してくれます。

ですから、水素水は何回かに分けて飲むよりも、一度に飲む方が良いのです。
フローで書くとこんな感じです。

  1. 一度に大量の水素水を飲む

  2. 遺伝子のスイッチが作用する

  3. 1日継続する

    悪玉活性酸素が出来にくい体質になる

ポイント

水素水は、ちょびちょび飲まずに、1度に多量の水素水を飲みましょう!

これぞ水素水の極み!