広がる水素入浴

水素風呂が良いというのは良く聞くようになってきました。
藤原紀香さんも、大の水素好きで、水素ガスも吸入してるし水素水も水素風呂も入っているとのこと。
だから、あそこまで美を保てるのかどうかはわかりませんが、綺麗ですよね?

水素風呂は、水素水よりも効果があると言っている研究者の方もいらっしゃいます。
水素自体の研究の歴史は浅いので、これからもっともっと研究されて良くなっていくと思います。

水素風呂の利点は、入るだけ!

いつもの入浴剤を水素入浴剤に変えるだけで良いのです。
本当は、スパーレのような水素発生機器にした方が、長い目で見ればランニングコストは低いのですが、まずは水素風呂がどんなものか、試してみたいじゃないですか。

その場合にオススメなのが、ガウラの「H2 Bubble」です。

>>H2 Bubbleの詳細はこちら<<

ガウラ H2 Bubble

水素風呂に入るのはなぜ?

水素入浴ってなぜするのでしょうか?
そんなこと聞くのですか?と思わないでくださいね。とても大切なことですもんね。

水素風呂は、もちろん水素の効果を得る為に入るのだと思います。
だとすると、水素がたくさん入ったお風呂に入る方が良いと思いませんか?

このガウラの「H2 Bubble」がオススメなのは、入浴剤であることと、もう一つが高濃度と言うことです。

いつもの入浴剤をH2 Bubbleに変えるだけなので手間はいりません。
そして、水素風呂に入るなら高濃度の水素風呂に入りたい。

この2つの点ですごいメリットがあると思います。
欠点はと言うと、水素発生器の方が若干コスパが安くなるかなぁ、くらいではないでしょうか。
ですから、このH2 Bubbleで効果を実感出来たら、水素発生器の購入を検討しても良いと思います。

>>H2 Bubbleの詳細はこちら<<

H2 Bubbleのスペック

H2 Bubble

このようなパッケージです。
袋になっていて、ジッパーで袋の開け閉めが出来ます。
中を覗き込むと、こんな感じでスプーンが入っています。

H2 Bubble

150L~200Lの浴槽1回分につき、スプーン1杯ですね。

H2 Bubble投入

この後、泡が出るのですが、なかなかこれが写真にうまく撮れず・・・
公式サイトの写真をちょいと借りました。

H2 Bubbleの泡

水素入浴剤「H2 Bubble」は、水素濃度が1.2ppmと言う高濃度。
これは、業界最高水準でしょう。
水素発生量がこの位と言うのはあるのですけどね。

そしてもう1点、ガウラの水素風呂がすごいところがあるのです。
それは、この水素濃度が3時間も持続する点がすごいところです。

ご家族がいらっしゃる場合は、みなさんで楽しみたいじゃないですか。
その場合、1時間程度で水素がなくなってしまったら急いで入らないといけません。
ですが3時間も持続してくれるなら問題ないですよね。

水素濃度の推移

水素風呂の入り方のコツ

水素風呂に入ると、約7分で体全体に水素がいきわたります。
水素分子は小さいので、皮膚を通り抜けて体に入ってくるのですね。
ですから、お風呂に10分程度は浸かると良いですね。
ただし、のぼせ注意です。熱いお風呂も危険です。

水素入浴すると、血流が良くなって体の芯から温まります。
そして、汗がたくさん出ます。
熱いお風呂ですと、急激に血流が良くなりすぎますし、10分も入るとのぼせます。

いつもより1,2度ぬるめのお湯で10分程度入浴する。

この入浴法が良いと思います。
水素浴をした時の結果がありましたので掲載しておきます。

水素浴の結果

H2 Bubbleのコストパフォーマンス

では、いくらかかるのか?
ですよね。

コストは大変重要です。
折角良いものでも、長く続けられなければ意味がないですから。

「H2 Bubble」は、公式サイトで購入されるとこの金額です。

↑このバナーから公式サイトに飛べます。

20回分入って、税抜き2,980円です。
ということは、1回分が150円です。

ドラッグストアで買ってくる入浴剤と比べると高いかも知れませんね。
水素水と比べるとどうでしょうか。
水素水を1本買うと軽く200円 ~ 400円はかかりますので、比べると水素風呂の方がお値打ちです。

また家族全員が、水素の恩恵を授かれるので、メリットとしては大きいと思います。

まずはお試しで水素風呂の良さを分かって頂ければと思います。

>>H2 Bubbleの詳細はこちら<<

 

これぞ水素水の極み!