ジームスシルキー

携帯型水素水生成器としては、ポケットも優秀です。
デザインもありますから、どちらかで悩みだすかも知れませんが、私の個人的意見ですと、このジームスシルキーの方が頭一つ出てるかなぁという感じです。

理由は、以下の3つ!

  • わずか3分で900ppbの水素水が作れる
  • 熱湯が扱える
  • 水道水を使っても臭くない

携帯型水素水生成器ですから、携帯性に優れているのは言うまでもありません。
いつでもどこでも携帯して持ち運び、スイッチ一つで水素水が出来上がります。(細かく言うと、ジームスシルキー3分モードの場合は、スイッチ3回押しますが・・・)

ジームスシルキーがすごいなって思うのが、短時間での水素水生成です。3分間で900ppb以上の溶存水素濃度にするのは凄いと思います。3分間と言うと、カップラーメンが出来る時間でしょ?その時間待てば水素水が出来るんですから。

3分も我慢できない!って言う人は、1分モードもあります。1分ですよ。それなら待てるでしょ?1分でも500ppbの濃度ですから、これでも十分濃い水素素が飲めますからね。短時間で水素水が作れるって言うのは長所ですよね。

そして、これも他のボトル型水素水生成器ではできないことですが、ジームスシルキーは熱湯を入れることが出来ます。熱湯なんてボトルが溶けちゃうからだめ~~~って言う機器がほとんどでしょう。でもジームスシルキーは違います。熱湯を水素水にすることが出来るんですから。

後は、水道水も使えるってことでしょうか。水道の水はただも同然ですよね。350cc入れるのに1円も必要ないでしょう。水道水を電気分解するとどうしても塩素臭がきつくなりがち。それがジームスシルキーの場合は、特殊セラミックを入れていますから、塩素臭も軽減されています。

水道水が使えるというのは、本当にコスパ的にも助かりますし、みんなが喜ぶことですよね。これだけの長所があって、一度買ったら飲み放題なんですからね。良くできた水素水生成器だと思いますよ。

携帯用のボトル型水素水生成器を探しているなら、ジームスシルキーが1番オススメです。

>>ジームスシルキーの詳細はこちら<<

これぞ水素水の極み!