厚生労働省の調査によると、糖尿病患者と糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備軍を合わせると2,000万人に上るそうです。
この数字は、2012年の調査なので、今はもう少し増えているかも知れません。

日本人の5人に1人が糖尿病

なんですね。

糖尿病

このページを読んでいらっしゃる方は、糖尿病については良くご存知だと思いますので詳しくは話しませんが、水素水の話にも関係してくるので簡単に説明いたします。

糖尿病とは

糖尿病は、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が著しく低下することで発症する病気です。
インスリンは、血液中のブドウ糖を細胞に取り込む役割を果たしています。

このインスリンの分泌量が減ったり、機能が低下したりすることで、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖の量が増えすことにより血糖値が上がります。

この状態を糖尿病と呼びます。

インスリンの分泌量に活性酸素が関係していた

インスリンの分泌量が減ることなく機能していれば、血糖値が上がることはありません。
血液中のブドウ糖が適切に細胞に取り込まれるからです。

このインスリンですが、すい臓のβ細胞というところで生成され血液中に分泌されます。
このすい臓のβ細胞は、活性酸素に対して非常に弱く、活性酸素が増加するとすい臓のβ細胞の働きを著しく低下させます。
そして、インスリンの分泌量が減少してしまいます。

活性酸素を除去してβ細胞を守る

活性酸素を減らすことが出来れば、すい臓のβ細胞の負担を減らすことが出来ます。
β細胞を守ることが出来るのですね。
それにより、インスリンの分泌量を正常に戻すことを目指すのです。

従来の治療であれば、薬によってすい臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促していました。
また、インスリンを直接注射して補う治療法が主流でしたね。

今は活性酸素を除去して、β細胞の負担を減らす方法も治療のひとつとして注目されているのです。

活性酸素に効果的な水素水

糖尿病は疾患ですので、お医者さんに診てもらうのが正しい治療です。
自分だけで判断せずに、しっかりお医者さんに診てもらいましょう。

そして、その補助として水素水を使われるのが良いでしょう。

水素は、悪玉活性酸素のみを除去してくれる、活性酸素に対してはとても効果の高い抗酸化物質です。
活性酸素を減らすことを目的として水素水を飲んでみましょう。

効果的な飲み方は、一度に大量の水素水を取り入れることです。
300mlの水素水であれば、一度に全部飲み切りましょう。
500mlの水素水であっても、出来れば一度に全部飲み切るのが良いでしょう。

一気飲みするという意味ではありません。
5分か10分の間に、すべてを飲み切ると良いのです。

効果の高い水素水は濃度が高いもの


水素水の効果はその濃度で決まります。
出来れば高濃度のものを飲まれることをオススメします。

一番濃い水素水は、アキュエラです。

飲む前に水素水を作るタイプのものですが、飲む前に作るので水素が抜ける心配はありません。

そして、その溶存水素濃度は、7.0ppm。
最高の水素水ですね。

アキュエラは、この下のボタン【本物の水素水】にて簡単に説明させて頂いてます。
水素水をお探しなら、アキュエラ、試してみて下さい。

 

これぞ水素水の極み!