世界一受けたい授業の水素水特集がありましたが、ご覧になられて変だなぁって思った人いませんか?
水素水特集なのに、水素水が主役ではなく、ただのチョイ役。

その前に、異変はありました。
当初、テレビ番組表では、太田教授の水素水特集は2時限目だったんです。
見間違いはありません。
ちゃんと2時限目でした。

なのに、いきなり1時限目に登壇されるので、なんで?って思っちゃいましたから。

世界一受けたい授業

それにしても、太田成男教授の肌、ものすごく若いですよね。
64歳ですよ。
40代でも通用する肌ツヤ。
笑顔も本当に素敵で、人間の器がでかそうな方です。

テレビが終わってもしっくりこないなぁってずっと思っていたのです。
そして、昨日太田教授のブログを覗いてみたら、なんと台本とは異なる編集がされていたとのこと・・・

「世界一受けたい授業」の残念な裏事情
↑ここに載っています。

収録前に変更があったのではなく、収録してしまった後に編集でかなり大きく変えられたとのこと。
編集って凄いんですね。
教師とは全く違った思惑の方向に番組を変えることが出来る。
編集の恐ろしさを知りました・・・

そういえば、「開運!なんでも鑑定団」でも、石坂 浩二が全く話していない。
という事件?がありましたが、石坂 浩二はしっかり話しているとのことですからね。
話している部分をばっさりカットしてでも番組を成り立つようにする編集能力って凄いなぁとは思いますが・・・
なんだか、ちょっと複雑ですね。

今回については、どこからの圧力なのか、それとも水素自体が医薬品として認められないからか。
効能・効果をはっきり言えないものは、効果がないと言わざるを得ないからなのか。
テレビ局が及び腰になってしまったのかも知れませんね。

太田教授の苦悩は、まだまだ続くのでしょうか・・・

これぞ水素水の極み!