H.Bottle
水素水ボトルのH.Bottleですが、かなり良品でしょう。

水素水ボトルとして、持ち運びが出来ることはある意味当たり前のような感じですから、第一条件はクリアしています。
そして、飲むときに水素水を生成しますから、早く水素水が出来上がるに越したことはありません。

H.Bottleは、写真のようなスタイルですし、水素水の生成時間もたった3分と短い。
そして、水素水生成器としてはとっても気になるのが、水素濃度ではないでしょうか?
溶存水素濃度は、3分の生成で約1.2ppmという高濃度。
正直、言うことありません。言うことがあるとしたら、価格位でしょうか(笑)

まぁ、水素水生成器ですから、5万円するのは仕方ないところですけどね。
公式サイトによると、1年半はバッテリーの交換が必要ないようです。
毎日5回作って飲めば、1回あたり20円!!!として宣伝しています。
割り算したらそうかもしれませんが、1回あたり300cc作れるとして5回も飲むかな?っていうのは疑問です。
たくさん飲んだ方が良いですけどね。

仮に、朝起きて1回、夜お風呂に行く前に1回飲むとして、2回飲んだとします。
そうすると、1日50円の計算になりますね。
それでも、案外安いもんですね。

このスタイルなら、会社にもっていっても恥ずかしくないし、シンプルイズベストなデザイン。

それから、このボトルの素材にまで拘っているようです。
百貨店品質っていうのがセールストークですから!

私は、高濃度な水素水が飲めたらそれで良いのですけどね。

H.Bottleの紹介ページ

これぞ水素水の極み!