セブンウォーターを飲んでいて、いつもよりも水素が発生してないんじゃないの?

って思うときありませんか?
私は、同時に2本作ったりしますけど、片方の水素だまりが少ない時があるのです。
しかも極端に少ない。
セブンウォーターを24時間放置した後確認してみると、1つは、3㎝くらい空洞があるのに、もう一つは2cmくらいしか空洞がない。
こういう場合は、まずしっかりふたが閉まっているかどうか、そもそも、ペットボトルが寿命ではないか、そんなことが考えられるわけです。

他にもいろいろありますので、チェックしてみましょう!

室温が低すぎないか?

冬の場合、室温が低い場合があります。
セブンウォーターは、水素発生剤を入れてから24時間は寒いところに置かない方が良いです。
寒いところに置くと、水素が発生しにくくなるからです。
15度以上の室温があるところに保管するのが良いでしょう。
それより寒いところでセブンウォーターを作る場合、水素発生が減る可能性があります。

セブンウォーターを作る場合は、できるだけ温かい場所で作りましょう!

水の温度が低くない?

セブンウォーターで水素水を生成する場合、冷たい水で作ると水素が発生しにくい場合があります。
また、水素発生剤をペットボトルに入れた直後に冷蔵庫で保管というのもやめた方がよいでしょう。
24時間水素発生していますから、その間は常温で保存しましょう。
24時間たったら、冷蔵庫に移して保管するのがベストです。

セブンウォーターは、水温が常温以上になるようにしましょう!
早く水素を発生させたい方はぬるま湯で作ると水素発生が早くなります。

水圧が低くない?

セブンウォーターを作るときに、キャップがしっかり閉まってなかったりする場合があります。
スクリュー部分から内部の空気が抜けて、ペットボトルの気圧が下がってしまい、水素濃度が上がらない場合があります。

ペットボトルに水素発生剤を入れたら、蓋のフチぎりぎりまで水で満たしましょう。
あふれそうな感じまで入れるのが良いです。

セブンウォーター

こんな感じで、水を満水にしてセブンウォーターの水素発生剤を入れて下さい。

水素発生剤を入れて蓋をしたのち、逆さまにして立てておく。
こうすることで、蓋の部分が水で満たされるので、空気が抜けることなく水圧を高めることができます。

ペットボトル、寿命ではありませんか?

私のペットボトルは寿命でした。
セブンウォーターを作っているとき、作り始めて2時間くらいすると、空気の抜ける音がします。
もしかしたら、蓋がダメかもしれないなぁと思い、セブンウォーターについてきた予備の蓋を使ってみました。
それでも、ダメでした。
1本100円程度で買えるので、ペットボトルは定期的に交換した方が良いでしょうね。
6本700円だったと思います。

目安は、毎日飲んでいる方なら、2か月程度の交換で良いと思います。
私もそれくらいでダメになってきましたから。

参考になさってください。

セブンウォーター 公式サイト
これぞ水素水の極み!