水素水は一度にたくさんの量を飲むのが効果的だと太田教授はおっしゃっています。
ですから、500ml程度の水素水なら、ぐびぐびっと30分以内に飲み干してみたいところです。
ですが、私のような大人の男であればグビグビ一気に水素水を飲んでしまえますが、なかなか一気に飲むのが難しい人もいます。

そこで、必要になってくるのが水素水の保存容器。

水素水は、コップに入れてそのまま放置すると数時間後にはただの水になります。
それは、空気に水素が逃げ出してしまうからです。
水素水の水素はとっても逃げやすい性質があって、ずっとその場に留まってくれないのです。
では、ペットボトルに入れて蓋をしておけば良いのかというと、なかなかそういうわけにはいかず。
水素は世界一小さな分子であるがゆえに、ほとんどの物質をすり抜けて行ってしまうのです。
ですが、アルミ等の金属であれば、逃がしにくいと言われていますので、出来ればアルミボトルとかに入れておきたい。
でもでもでも、そのアルミボトルであっても、中に空気がたくさん入っていれば、ボトル内の空気に水素が逃げていってしまい、結局水素水から水素が抜けることになってしまう。

そこで、私が見つけてきたのがこれ↓


↑クリックすると商品詳細が見えます。

この商品は、逆止弁機能というものがついていて、中を真空状態にしてくれます。
真空状態になると何が良いかというと、空気がないのです。この容器の中には空気が全くなくなるということ。
空気がないので、水素は逃げる場所がない。
しかも容器は金属製であって、逃げづらい。

あはははは、水素よ八方ふさがりじゃ~~~

という状態にしてくれるんです。
水素水を飲みたいけど、なかなか全部飲みきれないし、残しておけないなら勿体ないなぁと思っていたあなた。
これで、今までの悩みが解決するはずですよ。

そして、この保存容器と一緒に飲みたい水素水は、セブンウォーター。
セブンウォーターは、一回につき500ccの水素水が自宅で作れます。
飲む前に作れば良いので、抜ける前に飲めますね。
そして、余ってしまったら水素水の保存容器に入れておけばよいのです。

アルミパウチよりも安い価格で、毎日飲み続けられるし、余っても勿体ないことはない。
安心して、水素水を飲む続けることが出来ますね。

セブンウォーター 公式サイト
これぞ水素水の極み!