水素水の大きな効果として、悪玉活性酸素の除去効果というものがあります。

今まで活性酸素を除去するには、SOD様食品を摂取することが考えられていました。
SOD様食品も効果があり、摂取を継続することで効果はあると思います。

ですが、活性酸素を除去する為に、ビタミンCやビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む「抗酸化食品」を摂ると悪玉も善玉も関係なく除去してしまいます。
じつは、活性酸素には「悪玉」と「善玉」がいるんです。

064578

 

善玉活性酸素と悪玉活性酸素

今までの研究の結果、活性酸素は12種類に分けられることがわかっています。
その中でも、良いものを「善玉活性酸素」とし、身体に悪い影響を与えるものを「悪玉活性酸素」としています。

活性酸素はそもそも人間の体には必要なものです。
活性酸素自体が悪いような書き方をしているサイトもありますが、活性酸素は人間に必要です。

活性酸素がどういう役目をしているかというと、体内に入ったウィルスや細菌を攻撃して、体を守ってくれているんです。
これは、善玉活性酸素の効果であり、活性酸素が私達人間に必要な理由です。

病気の源、ヒドロキシルラジカル

ですが、この活性酸素が増えすぎると攻撃の矛先が変わってきて、体内の細胞を破壊するようになります。
その増えすぎた活性酸素が悪玉活性酸素と呼ばれるもので、悪玉の中でも一番攻撃力の高いものとして有名なのが、「ヒドロキシルラジカル」という悪玉活性酸素です。

体内の細胞を攻撃しますから、がんの原因になったり、強烈な酸化作用により、血液中のコレステロールが酸化され、ドロドロ血の原因になり、動脈硬化の恐れも出てきます。
また、酸化作用で老化を早め、美容面でもシミ・シワの元として知られていますね。

活性酸素除去に水素水が選ばれる訳

前述のとおり、抗酸化食品は、善玉も悪玉も関係なく活性酸素を除去します。
本当は、善玉活性酸素は残して、悪玉活性酸素だけ除去したいですよね?

そして、抗酸化食品は、抗酸化物質だけで出来ているわけではありませんから、食べたらもちろん老廃物が出てきます。
その老廃物も酸化してしまうのです。

一方、水素水はというと、
驚くべきことに「水素水は悪玉活性酸素のみ除去する」んです。

また、水素水はただの水。
水の中に水素が入っているだけです。
この水素が悪玉活性酸素に作用して除去するのですが、除去した後は、水が出るだけ。
老廃物はなしなんです。

水素水で無害化された悪玉活性酸素は、水素と結びついて水になるんです。
驚くべき効果・効能ですね。

だから、今、水素水が注目を集めているのです。

これぞ水素水の極み!